安藤和津の家系図|祖父が総理大臣・犬養毅、父も元内閣の超華麗一族。

安藤和津の家族写真

数々のテレビやラジオに出演した経歴を持つ“安藤和津”さん。

俳優・映画監督の“奥田瑛二”さんの妻であり、長女に“安藤桃子”さん、次女に“安藤サクラ”さんを持つ母親でもあります。

そんな安藤和津さんですが、実はその家系図には驚くべき名前が連なっているのです!

本記事では、“安藤和津さんの家系図について”紹介していきたいと思いますので、最後までお見逃しなく!

あわせて読みたい
目次
スポンサーリンク

安藤和津のプロフィール

まずは安藤和津さんのプロフィール紹介です!

安藤和津
出典元:http://officekazz.co.jp/
名前安藤和津(あんどうかづ)
生年月日1948年3月6日生まれ
年齢75歳(2024年1月時点)
職業エッセイスト・コメンテーター
犬養健(いぬかいたける)
萩野昌子(おぎのまさこ)
略歴

学習院初等科から高等科、上智大学を経て、イギリスへ2年間留学。1979年、俳優/映画監督の奥田瑛二と結婚。長女は映画監督の安藤桃子、次女は女優の安藤サクラ。

NHKやCNNのキャスターを務めた後、TV・ラジオなど多数の番組に出演。現在は、教育問題・自身の介護経験・「食」などをテーマにした講演会やトークショー、情報番組のコメンテーターなど多岐にわたり活動中。

著書に絵本「月うさぎ」*夫婦共作(あすなろ書房)日本図書館協会選定図書・全国学校図書館協議選定図書・「忙しママの愛情レシピ121」(講談社)・「オムツをはいたママ」(グラフ社)等多数。「“介護後”うつ~「透明な箱」脱出までの13年間~」(光文社)は台湾でも出版された。

引用元:安藤和津オフィシャルサイト オフィスKAZZ
主な出演経歴
  • 情報ライブ ミヤネ屋
  • 白熱ライブ ビビット
  • バイキングMORE
主な著書
  • オムツをはいたママ
  • “介護後”うつ~「透明な箱」脱出までの13年間~
  • 小説「長い散歩」
オムツをはいたママ
出典元:https://www.amazon.co.jp/

報道バラエティでのゲスト出演が多いようです。
他にも各地で講演会を開かれていますね。

スポンサーリンク

安藤和津の家系図

テレビ出演や書籍執筆など、多岐に渡って活躍をされている安藤和津さんですが、冒頭でもお伝えした通り、その家系図には驚くべき名前が連なっています

安藤和津の家系図
出典元:https://twitter.com/

何やら歴史の教科書に名前が載っている方までいらっしゃいますね!

ピックアップして紹介したいと思います!

犬養毅

犬養毅
出典元:https://www.ndl.go.jp/

安藤和津さんの家系図より1人目に紹介するのは、安藤和津さんの祖父である犬養毅氏。

第29代内閣総理大臣の“犬養毅”です!

名前犬養毅(いぬかいつよし)
雅号(別名)犬養木堂(いぬかいぼくどう)
生没年1855年6月4日~1932年5月15日
出生地岡山県岡山市北区川入102-1
職業政治家・首相・ジャーナリスト
安藤和津との関係祖父

生家は国の重要文化財に指定されています。
隣接して記念館も建てられているんですよ。

犬養毅の略歴などはこちらをクリック!

犬養毅の略歴

父は岡山藩士。慶応義塾に学ぶ。郵便報知新聞の記者として西南戦争に従軍。東海経済新報記者をへて、立憲改進党創立に参画。大同団結運動で活躍。明治23(1890)年第1回総選挙で衆議院議員に当選、以後第18回総選挙まで連続当選。第1次大隈内閣文相、第2次山本内閣逓相をつとめる。大正11(1922)年、革新倶楽部を組織し、13年加藤高明らと護憲三派内閣を結成、逓相に就任。昭和4(1929)年立憲政友会総裁。6年、首相となるが、翌年5・15事件で暗殺される。

引用元:近代日本人の肖像|国立国会図書館

もっと知りたい方は犬養木堂記念館の資料もご覧くださいね。

犬養毅の有名な言葉

犬養毅の残した有名な言葉に、「話せばわかる」というものがあります。

5・15事件で銃撃を受ける前に言った言葉とされていますが、実際は少し違っていたようです。

木堂は、政務から離れて首相官邸で過ごしていたが、午後5時半頃に海軍青年将校らが2班に分かれて侵入。官邸の廊下で彼らの一班と遭遇した木堂は、客間に導いて話を聞こうとしたが、後から合流した将校の号令により、頭部に銃弾を受けた。撃たれた直後はまだ意識があり、駆けつけたお手伝いに「話してきかせる」「彼らを呼んでくるように」と言ったという。これが後に「話せばわかる」の言葉になった。

引用元:犬養木堂記念館

対話を重視する方なのだと改めて思いました。

犬養健

犬養健
出典元:https://www.ndl.go.jp/

安藤和津さんの家系図より2人目に紹介するのは、安藤和津さんのである犬養健氏。

吉田茂内閣で法相を務めた経歴を持つ“犬養健”です!

名前犬養健(いぬかいたける)
生没年1896年7月28日~1960年8月28日
出生地東京都
職業政治家・文学者
安藤和津との関係
犬養健の略歴などはこちらをクリック!

犬養健の略歴

作家、政治家。犬養毅の子。東京帝国大学文学部を中退し、白樺派の作家として活動。昭和5(1930)年立憲政友会の衆議院議員に当選、父の犬養毅が首相になると、首相秘書官となった。戦後公職追放を受けたが、解除後の23年に日本民主党総裁となり、保守連携を推進、党の分裂を生じさせ、26年自由党に入党。27年第4,5次吉田茂内閣の法相となったが、造船疑獄で指揮権を発動して辞任。

引用元:近代日本人の肖像|国立国会図書館

犬養健のエピソード

安藤和津さんの父である犬養健には、5・15事件に絡んだあるエピソードがあります。

事件の起きる前日の1932年5月14日に、あの喜劇俳優の“チャールズ・チャップリン”が初来日したのですが、実は彼も5・15事件での暗殺対象だったのです!

そんなチャップリンの運命を変えた一言、それが「天ぷらが食べたい」だったとか。

犬養健がチャップリンを天ぷら屋に連れて行ったことで、彼の命が助かったのだと、2016年6月22日に放送した「今夜くらべてみました2時間SP」で安藤和津さんが語っています。

安藤和津出演シーン
出典元:https://twitter.com/

当時の動画が見つかりませんでしたので、画像のみ掲載となります。

いずれにしても、お父さんもチャップリンも無事で良かったですよね。

荻野昌子

荻野昌子
出典元:https://www.fujingaho.jp/

※左側の女性が荻野昌子さん、右側の女の子は安藤和津さんです。

安藤和津さんの家系図より3人目に紹介するのは、の“荻野昌子”さんです!

名前荻野昌子(おぎのまさこ)
生没年1924年(月日不明)~2006年4月15日
出生地不明
職業芸者・女将
安藤和津との関係
荻野昌子の略歴などはこちらをクリック!

荻野昌子の略歴

ネット上にあった情報をまとめています。

  • 老舗石材店「石鉄」の長女として生まれるが、10代の頃に石材店が倒産する。
  • 柳橋で芸者としての道を歩む。
  • 犬養健と出会い、安藤和津を出産する。
  • 安藤和津を出産後、料亭「をぎ乃」を開き、経営を始める。
  • 安藤和津が20歳を迎える頃に料亭「をぎ乃」を閉店。以後、家族で余生を過ごす。

荻野昌子と安藤和津とのエピソード

パパからもらった宝物

 父の死後、私は母にそう呼ばれるようになりました。どこに行くにもお手伝いさんがつきっきりで、初めて自分でお金を払い買い物をしたのは中学3年生の時。大学を卒業後、イギリス留学をした後も、「就職なんかしちゃ、いい奥さんになれない!」と、働くことさえ許してくれませんでした。大事にされていたのでしょうけど、まるで母の所有物であるかのようでした

引用元:2015年1月9日 NEWSポストセブン

安藤和津さんが語った荻野昌子さんとのエピソードからは、母の愛の濃さが伝わってきます。

その対象は安藤和津さんだけでなく、後に結婚した奥田瑛二さんや2人の間に生まれた娘たちにも注がれていたそうです。

母の愛の重さから色々とあったようですが、それでも安藤和津さんは荻野昌子さんの愛情を理解されていて、「母と離れることなど考えも及ばなかった」とのことです。

荻野昌子と安藤和津
出典元:https://www.fujingaho.jp/

奥田瑛二

奥田瑛二
出典元:http://zeropictures.co.jp/

安藤和津さんの家系図より4人目に紹介するのは、の“奥田瑛二”さんです!

名前奥田瑛二(おくだえいじ)
本名安藤豊明
生年月日1950年3月18日
年齢73歳(2024年1月時点)
出身地愛知県春日井市
職業映画監督・俳優
安藤和津との関係
奥田瑛二の略歴などはこちらをクリック!

奥田瑛二の略歴

1979年日活「もっとしなやかに もっとしたたかに」(藤田敏八監督)の主役に抜擢され、俳優としての頭角を表わす。以降、映画を中心に、テレビや舞台で二枚目個性派俳優として活躍し、ブルーリボン賞主演男優賞など数々の賞を受賞している。
2001年からは映画監督も務め、監督第3作目の「長い散歩」では、第30回モントリオール世界映画祭グランプリ、国際批評家連盟賞、エキュメニック賞の三冠を受賞した。画家としても、絵画個展の開催や妻・安藤和津氏との共著で絵本を手がけるなど、様々な分野で注目を集めている。

引用元:講演依頼.com

このように俳優として数々の映画やドラマに出演し、映画監督も務めるまでに至った奥田瑛二さんですが、その道のりは決して平坦なものではありませんでした。

1976年に“円盤戦争バンキッド”という子供向け特撮番組の主人公役でデビューしますが、その後はなかなか役に恵まれずに、職を転々とすることになったそうです。

家賃が払えずにアパートを追い出され、3か月間も代々木公園で野宿生活を送ったという情報もありました!

駆け出しの頃は苦労されたんですね!

結婚に至るまでのエピソード

実は奥田瑛二さんと安藤和津さんが結婚に至るまでに、中々想像もつかないようなエピソードがあるんです!

1978年にアパートを追い出され、野宿生活中だった奥田さんですが、友人から六本木のクラブのパーティーに誘われました。

そこで安藤和津さんと出会い、パーティー帰りに送ってもらったのが縁となり、2人のお付き合いが始まりました。

そして、安藤和津さんの母、荻野昌子さんに奥田瑛二さんを紹介することになるのですが、紹介の場がなんと“麻雀”!

その席で奥田瑛二さんは荻野昌子さんに色々突っ込まれて、俳優志望ということも含めて全て話したそうです。

荻野昌子さんは奥田瑛二さんのことを、正直な人だと気に入ったそうです。

その後も交際は続いたのですが、ある日奥田瑛二さんに悲劇が…

なんと麻雀中に突然歯が痛くなり、倒れてしまったのです!

翌日歯医者に運ばれましたが、麻酔が打てない状態だったので麻酔なしのまま奥歯を抜歯をすることに…

抜歯後、奥田瑛二さんは安藤和津さんの家に預けられ、空いていた4畳半の部屋で1か月間過ごしました。

そして、その時の様子を見ていた荻野昌子さんに次のように言われたのです。

うちの娘が男性のパンツを洗う姿を始めて見た。あなたたち結婚しなさい。

引用元:2021年2月26日 テレ朝POST

この展開は想像がつきませんでした!

結婚して1か月後に奥田瑛二さんは映画「もっとしなやかに もっとしたたかに」のオーディションに受かり、それから売れっ子俳優への道を駆け上っていったのです!

安藤桃子

安藤桃子
出典元:https://dowellbydoinggood.jp/

安藤和津さんの家系図より5人目に紹介するのは、長女の“安藤桃子”さんです!

名前安藤桃子(あんどうももこ)
生年月日1982年3月19日
年齢41歳(2024年1月時点)
出身地東京都
職業映画監督・脚本
安藤和津との関係長女
安藤桃子の略歴などはこちらをクリック!

安藤桃子の略歴

高校時代よりイギリスに留学し、ロンドン大学芸術学部を卒業。 その後、ニューヨークで映画作りを学び、助監督を経て2010 年『カケラ』で監督・脚本デビュー。2011年、初の長編小説『0.5 ミリ』を出版。2014年、同作を監督、脚本し、第39回報知映画賞作品賞、第69回毎日映画コンクール脚本賞、第18回上海国際映画祭最優秀監督賞などその他多数の賞を受賞。2018年、 ウタモノガタリ CINEMA FIGHTERS project「アエイオウ」監督・脚本。高知県の映画館「ウィークエンドキネマM」代表。「表現集団・桃子塾」塾長。現在は高知県に移住。未来へと繋げるプロジェクトにも力を注いでいる。

引用元:WEBザテレビジョン

安藤桃子さんは、2014年3月14日に一般男性と結婚し、長女を授かりました。

しかし、2018年5月下旬に離婚しています。

離婚の理由は分かりませんが、円満離婚だったそうです。

母 安藤和津との仲

安藤桃子さんは結婚後、高知県へと引っ越しています。

東京からかなり離れていますが、安藤和津さんは桃子さんをサポートするためにできる限り高知を訪れているそうです!

桃子さんが後悔しないように仕事は目一杯して欲しいから、可能な限り育児を手伝う方針だとか。

他にも安藤桃子さんがロンドン留学中につらい目にあっていた時、電話で異変に気がついた安藤和津さんが飛んできてくれたことも!

母と娘のラジオ出演
出典元:https://lee.hpplus.jp/

画像は安藤桃子さんが出演している高知のラジオ番組に、安藤和津さんがゲスト出演している様子です。

とても仲が良い雰囲気が伝わってきます!

そんなお二人でも、ケンカすることがあるとのことです。

でもそれだけで終わらせず、お互いを知る良いきっかけにしているとインタビューで語っていました!

お二人の益々のご活躍を願っています!

安藤サクラ

安藤サクラ
出典元:http://www.humanite.co.jp/

安藤和津さんの家系図より6人目に紹介するのは、長女の“安藤サクラ”さんです!

名前安藤サクラ(あんどうさくら)
生年月日1986年2月18日
年齢37歳(2024年1月時点)
出身地東京都
職業女優
安藤和津との関係次女
安藤サクラの略歴などはこちらをクリック!

安藤サクラの略歴

2007年、奥田が監督を務めた映画『風の外側』のヒロイン役でデビュー。09年、映画『愛のむきだし』で高崎映画祭など数々の映画賞を受賞。映画『万引き家族』(18年)では、『第42回 日本アカデミー賞』最優秀主演女優賞と、カンヌ映画祭でパルムドールを受賞。映画『ある男』(21年)では、『第46回 日本アカデミー賞』最優秀助演女優賞を受賞。その他、映画『かぞくのくに』(12年)、ドラマ『ゆとりですがなにか』(16年)、NHK連続テレビ小説『まんぷく』(18年)、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(19年)など数々の作品に出演。2012年3月、俳優の柄本佑と結婚。2017年6月、第1子を出産。

引用元:ORICON NEWS

映画にドラマに、色んな作品に出演されていますね!

「まんぷく」出演までの葛藤

安藤サクラさんは、2018年10月1日から放送スタートしたNHK連続テレビ小説「まんぷく」で、ヒロイン役として出演されました。

実はその当時、安藤サクラさんは子育て真っ最中で、この役を受けるか迷っていたそうです。

その安藤サクラさんの背中を押してくれたのは、父の奥田瑛二さんや母の安藤和津さんを始めとした家族の方々でした。

夫の柄本佑さんのご両親も含め、叱咤激励を受けた結果、出演を決めたそうです。

母の安藤和津さんが働きながら自身を育ててくれた、このことに感謝しているというのも決め手だったとのことです。

安藤サクラさんと柄本佑さんのお子さんについてはこちらをクリック

以上、安藤和津さんの家系図についての紹介をいたしました。

最後までお読みくださりありがとうございます。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次